ReuterJapanNews’s Dialy

バンコク駐在記者。タイ・ミャンマー・ベトナムを主にカバー。 バンコクの今、中国全アジア支配の野望、インド性奴隷市場などニュースの裏側をお伝えします! 短距離走者のなので、すぐ息があがる。いずれブログではなくなります? このブログにはアジアのドキュメンタリー本が何冊も隠されています。なかには発禁書も。見つけた人には300Pの電子書籍をプレゼント!

ヤンゴンに衝撃走る ホンモノのゴールドラッシュ

f:id:reuterjapannews:20191223171158j:plain

ミャンマーの金融界が騒がしい。

銀行の金利が年利率8.5%になった。普通預金がこれだから、定期は

10%。

 

 

f:id:reuterjapannews:20191223170332j:plain

ベトナムの上を行くバブリー景気。

大丈夫かと思ってしまうが、タイ景気の落ち込みはミャンマーに工場がシフトするせいで、それを見越して、この金利

投資を絶賛歓迎中。

 

チリやベネゼイラ、ブラジルが最悪な状況に陥っている中でアジアがなぜ、こうも熱いのか?

 

利率計算はベトナムが1000万円を10年

預ければ2000万円。

ミャンマーでは最後の7-10年でドライブして

3000万円近くに迫る!

 

銀行口座を開きに行こうかな。

 

ミャンマーで一旗あげたいひと。ダメもとでやる価値はあるかも。

 

注) これはあくまでダイヤリー。ニュース記事ではありません。

損失が出ても、その時は一緒にパタヤ   セントラルから飛ぶことになります

 

しかし、タイの景気の落ち込みを知らべてみると、アジアの生産拠点がミャンマーに流れる事が主因。

タイ銀行はバーツの独歩高を是正しようとしたら、出来なかった。それなのに最低賃金を上げたものだから、試練に立たされた。

しばらく目が離せない。

 

 

追記

ミャンマー中央銀行が12月2日から5日の間に2,400万米ドルのドル買い介入を行ったことがわかった。The Voiceが伝えた。

 同銀行の発表によると、ミャンマー中央銀行は11月の1か月間で4,000万米ドルのドル買いを行ったが、12月に入りドル安チャット高を抑制するため、わずか4日間に2,400万米ドルのドル買いに踏み切ったとしている。