ReuterJapanNews’s Dialy

バンコク駐在記者。タイ・ミャンマー・ベトナムを主にカバー。 バンコクの今、中国全アジア支配の野望、インド性奴隷市場などニュースの裏側をお伝えします! 短距離走者のなので、すぐ息があがる。いずれブログではなくなります? このブログにはアジアのドキュメンタリー本が何冊も隠されています。なかには発禁書も。見つけた人には300Pの電子書籍をプレゼント!

人類史上初の旅行再開計画 タイ、プーケットに広州から120人受入れ❗️

 f:id:reuterjapannews:20200930163505j:plain



[Bangkok]


 タイは人類史上初となる外国人受入れ再開を巨大ビーチリゾート施設「プーケット島」で展開する。その第一陣は中国の広州から120人が間もなく入島。プーケット島はタイ王国最大の島で検疫隔離期間の2週間を旅行者はホテルとビーチで過ごす。マッサージなどのサービスも提供される。11月中旬からは隔離期間を7日に短縮する試みを行う。


隔離検疫をいかに苦痛なく過ごせるかは、宇宙旅行からの帰還時にも遭遇する事になる。


タイ政府のこの取り組みは、観光再開に向けた人類の挑戦になる事から、世界から支援が得られて然るべきプログラムだが、国連の無力化でタイ政府は自力で進める以外にない。


プラユット首相は世界的には珍しいウィルス撲滅に成功したリーダーで、世界から医療を必要とする療養、保養者(富裕層)を受け入れたい考え。


地元で一度、プーケット島から外国人観光客の受け入れを再開したい事を説明したところ根強い保守的な反対意見が出た。



米国の巨大リゾート施設「ディズニーランド」が28000人を解雇する。米国が出来ない事をタイ王国は行おうとしている。


米国もマイアミやハワイ島、アラスカに最適な施設を持つが、コロナウィルスの防戦を一方的に強いられ、次期大統領選で意欲すらない!


大統領選よりハワイを何とかしろ!という声が世界から出ているのに届かない。


こうした時期には政治家より科学者に指揮してもらいたい。



NASAは何をしているのだろう?




f:id:reuterjapannews:20200930172529p:plain




タイ国内は揺れている


学生活動家を中心にした反政府運動、王室改革を求めるデモが繰り広げられる。

これを受けて、


プラユット首相は9月28日、「政治的圧力に屈しない。首相を辞任することはない」と力説した。これは、「政治的圧力の強まりでプラユット首相がやる気をなくしている」といった噂が広まっていることに対するコメントを出した。





このページは書きかけです。