ReuterJapanNews’s Dialy

バンコク駐在記者。タイ・ミャンマー・ベトナムを主にカバー。 バンコクの今、中国全アジア支配の野望、インド性奴隷市場などニュースの裏側をお伝えします! 短距離走者のなので、すぐ息があがる。いずれブログではなくなります? このブログにはアジアのドキュメンタリー本が何冊も隠されています。なかには発禁書も。見つけた人には300Pの電子書籍をプレゼント!

バンコクのナイトスポット7月1日復活 男ども狂喜嬢は乱舞世界に配信される緩すぎるスクープ

f:id:reuterjapannews:20200622102843j:plain

バンコクのナイトスポット7月1日復活 男ども狂喜嬢は乱舞世界に配信される緩すぎるスクープを先に書くよ📝

2020/06/22 10:23

 新型コロナウイルス感染拡大で、今もなお営業が禁じられているバーやパブ、カラオケなどのナイトスポットが7月1日から営業再開されるという情報が流れている。バンコクの男どもが狂気乱舞する。あのソイカウボーイ、ナナプラザ、テーメーカフェにベビーフェイス(詳しくは言わない)に行けるぞ!

本当か? 

気は確かか?

画像1

日本人はカヤの外だけど(爆笑🤣)

 6月21日(日)、タイCOVID-19状況管理センター(CCSA)の中心人物であるNattapol Nakpanit氏とナイトスポット経営者の代表者、ミュージシャンの代表者らが会談を行い、近日ナイトスポットの営業が再開することが決定したとのこと。ただし再開には6月26日(金)に行われるCCSAの会議での承認が必要。

画像2

なお、会談に参加したカオサンビジネス協会Sanga Ruangwattanakul会長は、会談に参加した全員がその結果に満足し、7月1日にもナイトスポットが営業再開されることになると語っています。


良かったね😂

画像3

果たして制限緩和第5段が実施される日、あるいは7月1日にはタイ各地のネオンが戻ってくるのでしょうか。

なお6月30日に非常事態宣言が解除されば、全ての制限はなくなり、ナイトスポットも営業可能となります。


ゆるーい書き方で

特ダネを書くのは、これが最後になるのだ。


さらば❗️


みんな、いいねしてね😂