reuterjapannews’s diary

宇宙のなかに住む住人は、どうすればその形がわかるのだろう,という世紀の難問ポアンカレ予想から出発した壮大なドキュメンタリー。決して外から形を眺めることができないがそれに挑む天才数学者たちが繰り広げる死闘を執念で追います。また、記者自身にもそれに挑戦させるとんでもない企画。数学や理論物理学がこれほどまでに凄まじいものかと、、。その煌きと感動を身をもってお伝えします(><);ギリシャ問題、中国バブル崩壊、性奴隷マーケット問題などニュースの裏側を伝えます。短期勝負なのでいづれブログではなくなります。Web MO

地球の外周を測量   王立学術測量隊の冒険ドキュメンタリー

f:id:reuterjapannews:20150827150037j:plain

エラトステネス30代前半、従者の4人は20代である。なぜ、年齢がわかるかを言えば、1919年にアインシュタインの一般性相対性理論を裏付けるための日食の観測に派遣されたのが30才になったばかりのエディントンだ。王立学術隊はイギリスで編成され、西アフリカの赤道ギニアに近いブリンシベ島へ向かう。

この話は後述するが、この2つの観測隊がもっとも天文学的な成果を成し遂げた人類史上の金字塔である。

 アレクサンドリアの隊長エラトステネスはこの旅に先がけ、1つ大きな仕事を達成していた。それはアレクサンドリアの大きな通りを真っ直ぐ夕日に向かい沈みきるまでの距離を測り、街の距離を確定する仕事だ。これは同時にシエネへ遠征する測量隊を組織するためでもあった。

太陽が海に沈みはじめると同時に歩き出し、そして、沈みきるまでの間に何歩、進めるかを測るのだ。これにより、ほぼ、同じ歩幅で歩ける2人を選び、この2人に平均値をだすことによって、歩数の正確性を増すのである。選ぶにあたってひとつ条件があった。それはエラトステネスと同じ歩幅であること。ふたりのうちのひとりが倒れたらエラトステネスがその役を交代できるからだ。

彼は世界最高学府の学長であると同時にこの測量隊の隊長で今の大学教授や学長とイメージがまったく異なる。まさに命がけの学術研究を行っていた。

エラトステネス後に生まれたヘロドトスが記述するところによると、「北方のひとは1年の半分を寝て過ごしている」と言う。太陽の角度が北へ行けば角度を増し、斜めに刺すことをエラトステネスは見抜いていた。

そして、子どもの時から見ていた海の風景。港に帰ってくる船は最初にマストの先端が見える。そして、帆がだんだんと高さを増して、そして、最後に船体を現すのだ。このことは地球が丸い球体ではないかと感じさせる第一ヒントだった。

そして、月が三日月から半月を過ぎるあたり、太陽が地球の影を月に投影する。その形は丸いのだ。

これだけではない、古代バビロニアの数学をエジプトの天文学をマスターしたエラトステネスには、もはやこれは動かしがたい事実だった。

「どうやって、地球の周囲を計算するのですか?」

何人もの学生に聞かれるたびに館長は地面に棒で絵を描いてみせた。それがこれ。

 

太陽光はアレクサンドリアでもシエナでも平行する。夏至アレクサンドリアの太陽の影と棒の角度(7.2度)を求めると、アレクサンドリアシエナの距離(5000スタディオン)さえわかれば地球の外周がわかる。