reuterjapannews’s diary

宇宙のなかに住む住人は、どうすればその形がわかるのだろう,という世紀の難問ポアンカレ予想から出発した壮大なドキュメンタリー。決して外から形を眺めることができないがそれに挑む天才数学者たちが繰り広げる死闘を執念で追います。また、記者自身にもそれに挑戦させるとんでもない企画。数学や理論物理学がこれほどまでに凄まじいものかと、、。その煌きと感動を身をもってお伝えします(><);ギリシャ問題、中国バブル崩壊、性奴隷マーケット問題などニュースの裏側を伝えます。短期勝負なのでいづれブログではなくなります。Web MO

シャングリラはどこに? ベトナム クアッドラム あまりに壮観!

f:id:reuterjapannews:20180518092257j:plain

この世界にシャングリラと呼ばれる桃源郷は存在するのだろうか? それを探し求めて探険家たちは世界のあちらこちら右往左往する。
今はネット情報が氾濫する世界。大概のところは調べつくされている。シャングリラで検索すると、でてくるのホテルばかり(笑い)。
1933年にイギリスの作家ジェームズ・ヒルトンが「失われた地平線」を発表し、そのなかに登場する理想郷(この世のユートピア)が世界のおとこたちの心に火を点した。

ジェームズ・ヒルトンのシャングリラのモデルはチベット仏教徒が伝える伝説の王国シャンバラ。彼の作品が発表される前年に、ナショナル・ジオグラフィックが特集を組んで世界に紹介していた。実はヒルトン氏、この記事に触発されて、失われた地平線を書いたのだ。

がっかりOrz。
もう少しましな探検家はいないのだろうか? 
それで調べたら、中国奥地にシャングラという街がある。でも、よく調べてみると、それは市である。行政区の名前ではないか。
もしかして、まんじゅう? 
例の日本各地の観光地が名のっている「桃源郷都市」というイタい観光地ではないか?
これは観光地には必ずついてまわる、名産まんじゅうと同じで「まんじゅうシャングリラ」だろう!

ひとによってはパキスタン北部のフンザこそがシャングリラだという。最近ではラオスのアルパパーンこそ最後の桃源郷と高らかにうたっている。
かくいうわたしもミャンマーを最後の桃源郷というタイトルで本まで書いてしまった。恥ずかしい。穴があったら入りたいm(><)m

 でも、まてよ。これってみなアジアではないか。それほど西洋人もアジアのなかに理想郷を求めているということか。ひとぞれぞれ、シャングリラの場所は違うのかもしれないなあー。

 


わたしは今、潮風に吹かれながら海岸で「はまぐり粥」をほおばっている。

幸せだ。
でも思ったほどビーチは素敵ではない。桃源郷というには、あまりにも猥雑すぎる。若い娘が四角い置屋のようなお店のまえで、同じようにフォーを食べている。
iphoneをググリながら、、、。
ここはベトナム桃源郷ではないかと思ってやってきた、「クアッドラム」。

 

前日の朝、ハノイを出発して、hai auまで。ドーソンへ行くのと同じで、
1、ザーラムバスターミナルでナムディンのバスチケットを購入する。7万ドン、おおよそ320円。
バスは1時間に1本ある。列車では決して行けない。

つまり、ハノイからドーソンに行くか? ナムディンに行くか? 二択のなのだ。
最近、ドーソンが有名になりすぎて、観光客が集まり、とても保養地という風情はなくなっている。
それなら、まだ人が来ない「クアッドラム」へ。
バングラディシュではないが、「観光客が来る前にゆこう!」。

f:id:reuterjapannews:20180518092332j:plain


昼間にこのビーチを是非、みておきたい。世界遺産に登録してもいいほどの壮観さ。
まさか? これぜんぶ?
ざっと端からはしまで置屋がずらーと並んで建っている。
その数、100軒。ぜんぶ数えたわけではないが、軒には番号があり、奇数と偶数で海岸と陸側に並ぶ。その番号の最後が130番台。
まてよ、全部が営業してるわけではないので80軒ぐらいだろうか? 
おそらくハイシーズンになると100軒は営業してるはず。

海岸のビーチはといえば、海水が茶色っぽいので人は泳いでいない。だが、はまぐりや貝を採っているひとはいる。その蛤はどうなるのかって?
フォーになって、わしらの胃袋のなかだ。

この景観をながめていたら、冬の千葉から大網に抜けた外房にある「大網ビーチ」を思いだした。そこでは焼きハマグリが名物。よく似ているけど、ベトナムのこのあたりはビーチが侵食していて砂浜が狭くすぐ海。

だが、それでも、ここはドーソンより人気がでそうだ。ドーソンはすっかり人工的につくったリゾート地という感があり、ディズニーランドまがいの構造物や失敗ホテルがあって、残念。

 

 

クアッドラムはあまりに壮観!


クアッドラムのほうが置屋の規模も宿泊施設も大きい。海岸線に立ってこの置屋が並ぶ様は壮観。


しかも、ここは隣にもうひとつ、こんなビーチが並んで存在するので、規模はベトナムでは屈指。交通の便がいいので、ハノイからドーソンに行くのと、ほぼ同じで3時間ほどのバス旅になる。

宿泊施設はベトナム風ホテルが何軒か建っており、新しいホテルは4階建て。各フロアに5室ある。ミニホテルといった趣き。ビーチにあるので風が吹き抜けて心地いい。
一泊の正規料金は30万ドン(1500円)ここに何日か沈没できる。シーズンオフなら1泊1000円に値引き。
ただ、wifiは遅い。それさえ解消できればもっといられるかも。

ベトナム #旅行 #置屋 #売春

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プノンペン 移住恋愛事情 愛と身請けの間

プノンペン 移住恋愛事情 愛と身請けの間

 

 

 

 

 

スカイリム 少女の願い 生きていたいの

スカイリム 少女の願い 生きていたいの

 

 

 

 

 

ウルトレイア 6万5000年前

ウルトレイア 6万5000年前

 

 

 

素数ノ謎 解明への大航海: 宇宙の暗号 (NGO japan cyber library)

素数ノ謎 解明への大航海: 宇宙の暗号 (NGO japan cyber library)

 

 

 

彼女たちの国境 飢餓性奴隷自由 原題 北朝鮮アセンディング (Japan Cyber Library)

彼女たちの国境 飢餓性奴隷自由 原題 北朝鮮アセンディング (Japan Cyber Library)

 

 

 

次元を旅した男  次元の探検家 理論物理学者ジョエルと仲間の冒険

次元を旅した男  次元の探検家 理論物理学者ジョエルと仲間の冒険

 

 

 

図書館猫トロンドの冒険 (NGO JAPAN CYBER LIBRARY)

図書館猫トロンドの冒険 (NGO JAPAN CYBER LIBRARY)