ReuterJapanNews’s Dialy

バンコク駐在記者。タイ・ミャンマー・ベトナムを主にカバー。 バンコクの今、中国全アジア支配の野望、インド性奴隷市場などニュースの裏側をお伝えします! 短距離走者のなので、すぐ息があがる。いずれブログではなくなります? このブログにはアジアのドキュメンタリー本が何冊も隠されています。なかには発禁書も。見つけた人には300Pの電子書籍をプレゼント!

無敵の花嫁ベトナム娘は不幸がいっぱい!連載開始

f:id:reuterjapannews:20200129181539j:plain


出版差し止めになった本。公開します

バンコクで原稿で苦しんで、いつまでたっても

ベトナムに転戦できない。

2年前から追いかけていたベトナム北部の寒村での出来事。

愛と身請けのナムディン!

ここには産業がなくて、高校を卒業しても就職先がない。それで、日本の技能自習生として海を渡ったベトナムの若者たち。

そして、就職の代わりに花嫁となって、中国、台湾、韓国に渡った娘たち。


海を渡って幸せがつかめたのか?

わたしはそれが気になっていたのだ。

技能実習生の悲し過ぎる実態。眠れない留学生ーコンビニ店員と語学学校生徒の往復。送出し機関と日本の虚行学校の余りに人を喰い物にした悪行。

わたしが一体、ナムディンで何を見たのか、お伝えしたいと思って、書きつづった原稿。堂々、完結です(笑)

でも1年以上前に発表できたのに、

それさえ阻む日本の出版界の偏狭さ。

その境界線を見て下さい。


外国人を不当にこき使う繊維・衣服産業の疲弊

技能実習生を劣悪な環境に追い込む構造要因

兵頭 輝夏 : 東洋経済 記者
6月20日福井県永平寺町の繊維工場で火災が発生し、4人の遺体が見つかった。そのうちの1人はベトナムから来た21歳の女性だったと福井県警察が後ほど発表した。彼女は技能実習生で、この工場では...

この悶絶のアジアシリーズ 連載開始します!

画像1

この本はベトナム人の記者の応援がなければ書けなかった本です。

太陽を浴びれるかな?



2

画像2

ベトナム娘の青春不敗!
アジアで無敵の花嫁 不幸がいっぱい

 素っ裸でファッションショーのようにキャットウォークしている娘たち。10人位はいるだろうかー。
そんな映像はアンへレス(フィリピン)やソイ・カーボーイ(バンコク)にもあるけれど、いずれも布の面積はほとんどないがビキニはちゃんと身に着けているのだ。しかし、これは完全な素っ裸ではないか? 
どの娘も色白で小顔、やせ巨乳、脚がきれい。あれー、ベトナム娘?

若い女性がファッションショーのように外国人男性らの前で全裸をさらしている映像が、ネット上にアップされベトナムで話題になった。
この映像はベトナム縦断の取材のとき、協力してくれたベトナム人記者が教えてくれたものだ。
下の映像は湯上り姿ではない(笑い)
もっと凄いが、それはさすがに掲載できない。


 映像はおおよそ20分、白いバスタオルだけを体に巻いた若い女性10人ほどが壁を背に並び、司会者が名前を読み上げるたびに呼ばれた女性がタオルをはずして全裸ウォーク。
 数十人の外国人男性らが座ってこれを眺め、指を差して品定めする様子も映しだされている。

画像5

問題の映像が撮影された場所や女性たちの国籍も明らかにされていない。が、どうみても彼女たちは、ベトナム娘だ。みなさんもご存知の色白小顔やせ巨乳。アジアで無敵の花嫁である。

これまでに摘発された韓国人男性の違法集団見合いの様子と似ていると指摘する人が多い(笑い)
これを見たベトナム男性は、ホーチミンのホテルだろうと見抜いた。
さらに、
「外国人男性との結婚がどれほどの幸せか知らないが、こんなことまでしなければいけないのか。見知らぬ人達の前に全裸をさらして、自分を尊重することができるのか」と自嘲気味に嘆いた。


がんばれ、
ベトナム娘も青春不敗

chapter1.
ベトナムから売られてきた娘たちが体を売る町
in mainland CHINA


 中国広西省東興市サムカオ地区の高層ビル。その中に埋もれるようにみすぼらしい家が軒を連ねる。
インドネシアの暗黒置屋街カリジョドより少しはまし。
女が手を振りながら笑いかけてきた。

 疲れきった表情の少女、あまりに多すぎる客の相手をしているのだろうか?
疲弊した横顔は白くて美しい。きゃしゃなシルエットが電灯に浮かび上がった。
まだ、10代ではないだろうか?

買ってくれとしきりにせがむ。客がつかないと、女主人に怒られるという。よほど主人を恐れているのか、何を聞いてもちゃんと返事はしない。支払いを先に済ませるとやっと安心して華やいだ表情をみせた。この娘は恐ろしく若かった。

 自分の名前を小さな声で教えてくれた。女主人のいる部屋からは離れているのに、彼女は周囲を気にして用心深い。
名前はシー。中国にどうやって来たのか聞くと、うつむいたまま少しずつ話はじめた。

「あれは2年前のことです。わたしは、ハノイである女に騙されて中国に連れてこられました」。

その経歴はすごかった。簡単にいえば、彼女は1年ほど売春宿で働かされた後、他の売春宿を転々とし、今の場所に流れ着いたという。
つまり10代の半ば恐らく15才ごろに売られたらしい。

 この宿の女主人もまたベトナムの紅河デルタ地方ナムディン省出身で、かつて同じように売られてきた身。その後、少女を売る身に転じたのだという。ナムディンについては、ベトナム北部の巨大な置屋街がある「ベトナム 幻の海岸ナムディン」に詳しく書いた。第二章に再録する。海岸の街だが、これといった産業がない、日本でいえば東北地方の漁村に出現する巨大置屋群。

 彼女が今、働いている広西省東興市サムカオ地区(中国)は、農業と煉瓦造りの町。稼ぎは厳しく、生活のために売春に走る者が多いという。おんなたちは、
規制が厳しくなってくると別の町に移っていった。
漂白の旅、、、。
♪あの街、この町、幸せはいつも、、、どこにもない。


 ここで働く女性の多くは、他所から移ってきた者たち。騙されて売春宿に売られた者も多く、みな故郷に帰りたがっている。中には病気にかかっている人もいて、他の半額にも満たないはした金で、自分の体を売る。

 彼女たちが転々とした売春地区は中国南部に広がっていたのだ。
ここの他に雲南省、広西省などに同じような地区があるという。どのホテルも売春婦を確保していて、宿泊しなくてもホテル側が女性を都合する。
こういったホテルは、上の階にベトナム人女性を10数人待機させている。さらに、床屋やマッサージ屋が立ち並び、客引きが呼び込みをする。

 女主人(中国人)がわたしの服をひっぱって、店内へ引き入れた。机と椅子が置いてあるだけの土間ではないが玄関のような部屋。
さらに奥に続く薄暗い部屋は、どれも埋まっているようだった。

 この町に着いて車を降りるとすぐに女たちが群がってくる。
売春宿を見つけるのはたやすい。
インドではないが、分け入れば分け入るほど性産業の実態が目に飛び込んでくるが、全容はわからない、、。

それはこういうことだった。
中国の一人っ子政策の影響で嫁不足と同時に女性不足が深刻になっていた。嫁不足はわかるが、もうひとつ同種類の問題が闇のなかで膨張していたのだ。それはあたかも、大きくなりすぎた病巣が破裂するさまを思わせる。

中国男たちの性欲を解消するための方法が必要とされていることも、ベトナム娘がこの地獄に足を踏み入れる原因となっていた。

f:id:reuterjapannews:20200129165046j:plain

 ここは広東省のある町では、売春宿がひとところに集まり、歓楽街を形成している。ホテルに行く金のない客は、床屋やマッサージ屋がひしめく通り。

朝の7時だというのにきれいな若い娘たちが着飾って客を待っている。
ここにいるベトナム人女性のほとんどは騙されて売られて来た。散々働かされた後、流れ者となった彼女たちは、もう厳しく管理されているわけではない。つまり年季が明けた娘たちで、故郷に帰ることもできるはずだ。
しかし、彼女たちは帰郷しなかった。帰っても差別など冷たい仕打ちが待っているのだろうか? 
中には売春を仲介する側に回った者もいる。

 グエン・ティ・トゥ、背が高く、すらっとした肢体。肌は真っ白で澄んだ瞳の17歳の少女もまた、信じがたいことだがこの地獄に1年近くもいる。
3人の友人とともに騙されて連れてこられた。トゥは店では看板で、特別な客にあてがわれている。
50代の女店主もかつて同じように連れてこられた身だった。

 店は歓楽街の真ん中ぐらい。ベトナム語で「床屋」の看板を出している。
トゥたちは朝の7時から淫らな服装で客にマッサージをし、その部屋の傍らにある別室で客に体を売っている。

 客の相手をした後、彼女たちは客から報酬をもらうが、すぐに女主人に収めなければならない。
トゥのような美しい少女は一日に40人ものお客がつく。
平均して一人の客に30分、寝る時間も汗と涙で汚れた化粧を直す暇さえない。
そうして女主人は足を組んで座っている間に、数千万ドンを稼ぎだすのだ。

一人の少女を買うのに3000万ドン(約12万円)かかっても、少女一人につき30億ドン(約1200万円)を稼ぎ出せる・・・売春ビジネスは麻薬売買並に儲かるビジネスだ。


江蘇省徐州 妊娠3カ月
越南少女(12才)の悲劇

中国江蘇省で、ベトナムから誘拐されて連れてこられたとみられるベトナム人の少女が保護された。当初は20歳とされていたが、実際は12歳だった。お腹が大きく妊娠3か月目に入っていた。

 事件が発覚したのは2017年10月初め。
江蘇省徐州市の病院に妊婦が夫とその母親らしき人物とともに診察に訪れた。この3人の関係が少しおかしかった。こどもにしては大きすぎるし、妹なら若すぎる。
医師らは、妊婦の中国語が少しおかしいことにも気づいた。
問診に書き込んだ患者の年齢は20才。
見た目が20才とは思えないほど幼かった?
医師らは夫たちに誘拐の疑いを抱き、警察に通報したのだった。

 公安は少女がベトナムで誘拐された人身売買の被害者とみて捜査を始めた。
 警察は少女の名前がシーで、年齢は12才だった。
ベトナムの紅河デルタ地方ハナム省出身。5年ほど前に人身売買組織に誘拐されて、徐州市在住の李という男に買われた。

 少女を病院に連れてきた夫らしき人物が35歳の男で、もう1人はTaという47歳の女。
2人は医師らに少女が20歳だと告げていた。
警察は2人が人身売買に関与したとみて身柄を拘束した。
雲南省では2011年から現在までに、ベトナムで誘拐された人身売買被害者14人(女性と児童)が保護されている。

f:id:reuterjapannews:20200129164404j:plain

氷山の一角
中国への密入国や違法な結婚の仲介、人身売買などの犯罪に、中国在住のベトナム人が関わっている場合が多い。2015年に非合法な結婚や人身売買の被害に遭ったベトナム人女性は、これまでに分かっただけで54人に上る。このうち26人は救出されている。

 被害者の54人のうち、北部地方の少数民族が24人、メコンデルタ地方の出身者が20人を占める。被害者の大半は識字レベルが低く、人身売買犯罪のリスクに関する認識がほとんどなかった。

 2016年上半期には、34人のベトナム人女性が被害に遭い、18人が救出されている。
在中国ベトナム大使館のグエン・バン・ティン政治参事官によると、中国在住のベトナム人女性が帰国して、結婚相手や賃金が高い仕事を紹介するとうたって中国行きを誘うケースが多い。
しかし実質的には、中国人に対する人身売買ということになる。

 ティン参事官は、被害が多い地方の各レベルの人民委員会が、人身売買の手口や被害者の状況について啓発活動を行うと共に、被害者として狙われやすい南部の若い女性が中国に出国する際の国境管理当局による検査を強化する必要があるとしている。

しかし、実際は国境をやすやすと越えてしまうルートがいくつも存在する。
バイクにまたがって、行ってしまうのだった――m9(^Д^)――!! 


ハノイ-1


謎の失踪事件
ベトナム人花嫁100人
河北省で一斉に霧消!

 ここは中国河北省邯鄲市。河北省は天津市や北京に近い北の重工業が発展して比較的裕福な町。そこで奇妙な事件が起こった。
ここでもベトナム娘は主人公を演じる。
それも花嫁である。ただ、100人もいるけど、、。

中国人の夫に嫁いだベトナム人花嫁100人がある時期を境に一斉に姿を消した。最初は数名だけと思われたが次々に姿を消してその数ざっと100人超。これには地元住民も驚いた。
事件解明に警察も捜査に乗り出した。わたしにも捜査依頼が
来なかった。m(><)m

これまで、中国南部たけの話しと見られていたベトナム娘の誘拐や略奪、搾取、事件。それが中国の首都圏でも起こっていた。
なにしろ「ひとりっ子政策」の弊害で、中国人男性は中国人女性を嫁にもらおうとすれば760万円も貯めなければならないのだ。
その間隙をついてベトナムの花嫁が大挙してこの街に迎えられていた。

 邯鄲市曲周県在住の中国人男性(22歳)によると、同県に住むベトナム人ブローカー(女)にベトナム人花嫁を紹介してもらうため10万5000人民元(約200万円)を支払ったが、11月下旬頃に連絡を絶った。

 女性ブローカーと彼女が紹介した100人余りの花嫁が、同時にいなくなったことが分かり、邯鄲市警察が捜査に乗り出した。
警察は、ベトナム人花嫁紹介ビジネスを偽った詐欺事件として疑っている。また、人身売買の事件の疑いもありそう。

 中国では結婚適齢期の女性の数が圧倒的というか、絶望的に少ない。
農村在住の低所得の男性にとっては中国人の花嫁は高嶺の花。器量など問題にされない。

これをみている日本女性のあなた
出番かも、、。

中国人女性と結婚するには最低でも40万人民元(約765万円)が必要とされるのだ。
どうだ、まいったか!

ある農村男性は「農業では一生働いても稼げない。だからベトナム娘と結婚するしかない」と話している。

この話しは北朝鮮の花嫁も同じで、中国のこのあたりの農家の長男に嫁いだところ、長男はなんと男ばかりの5人兄弟。北の花嫁はなんと5人の嫁にされてしまった。
毎晩、入れ替わり立ち代り、夜の相手をさせられるのだった。
ъ(゚Д゚)グッジョブ!! 
これは「彼女たちの国境-自由性奴隷」(既刊)に詳しく記載。

つまり、花嫁ではなく性の捌け口にされいたのだった!
ああ、 
それでは、アルデビッラ!
シェーシェー!
カムサハムニダ!!
えっ?

そうそう、忘れていた韓国人の所業。
クリスマスの夜。ホーチミン市警察はタンフー区クオンベト通りの住宅を立ち入り検査し、集団見合いの現場を摘発した。
現場には18~25歳のベトナム人女性68人、韓国人男性4人、通訳の女性1人がいた。その後の調べで、男性4人のうち3人は「自分は参考のために参加しただけ」と話している。

画像4

つまり、韓国男ひとりにベトナム娘68人の嫁が群がる!

 警察はこの摘発から、ブン・アー・ムイ(53歳)とリー・トアン・チャン(28歳)という母親と息子が違法な結婚仲介業を行なっていたことをつきとめた。
警察の取り調べに対し、チャンは母親の指示で、メコンデルタ地方の貧しい家庭の娘たちを集めて、摘発場所となった住宅に住まわせ、韓国語や韓国の生活習慣などを教え込んでいたと話している。そのさいたるもんがカントーという街の周辺に広がっている。この地方がプノンペンに出稼ぎに行く娘が多い。

 チャンが集団見合いをあっせんする韓国人男性は観光客で、男性が気に入った女性を見つけるとチャンに雇われた別の男が結婚証明書を100米ドル(約1万1000円)で作成する。女性の家族には250万ドン(約1万8000円)が支払われた。
つまり、観光にホーチミンをやってきたら、ベトナム娘を嫁にしないかという結婚斡旋ブローカーだった。

 68人の女性は、タンフー区婦人協会から違法な結婚あっせんに関する教育を受けた後、それぞれの地元に帰された。
韓国男に嫁がなくてよかったね!
暴力が待っているのだ。
しかし、どれぐらいが韓国人に嫁いだのだろう?



2018年6月現在の話
 韓国西北部の京畿道議政府市にベトナム人花嫁向けの韓国語クラスを開講した。
同様の取り組みは光州市、仁川広域市でも行われており、今回開講したクラスは3つ目。

 現在、結婚や仕事、留学などの理由で韓国に滞在しているベトナム人の数は11万6000人に上る。
このうち6万5000人が仕事による滞在。
4万7000人が韓国人と結婚したベトナム人女性。
こうしたベトナム人女性の多くは地方の貧困層出身の女性たちとされるむにだ!
韓国語や韓国の文化を全く知らない状態で異文化に投げ出されるため、トラブルも多い。
このような状況下、ベトナム人花嫁向けの韓国語クラスの需要が急速に高まっており、受講希望者が殺到している。

 しかし、同プログラムは、韓国企業などの寄付で運営されており、予算が限られている。
韓国語を教えられるベトナム人講師の確保も難しいため、需要に応じきれない。
韓国には、約200か所の多文化家庭支援センターがあり、韓国語や韓国の文化を教える講座を開いているが、講師のほとんどが韓国人。
韓国語を理解できないベトナム人女性はクラスについていけないむにだ。
きょうも、引っぱたかれているのだろうか?( TДT) 

さらに今月に入って、
 ホーチミン市警察は9区タンニョンフーA街区D2通り132番地にあるホテル「ビンミン(Binh Minh)」を立ち入り検査し、韓国人男性とベトナム人女性の違法な集団見合いの現場を摘発した。

 現場には花嫁候補のベトナム人女性6人と韓国人男性客4人、韓国人男性1人とベトナム人女性2人の仲介人3人、通訳のベトナム人女性2人がいた。

 仲介人のベトナム人女性らは、ブローカーの韓国人男性の指示により、韓国人男性との結婚を希望するメコンデルタ地方の貧しい家庭の娘たちを集めて摘発現場となったホテルに住まわせていた。つまり、これが違法な結婚あっせん業になるようだ。

 警察の捜査結果によると、このルートはもともと同市タンビン区を拠点にしていたが、摘発を逃れるために1区や東南部地方ビンズオン省に拠点を移し、2016年末からは9区で活動していたという。
ほとんど風俗店と同じですね (*>ш<*)  

人口・家族計画化総局の発表によると、1998年から2010年末までに外国人と結婚したベトナム人女性は約30万人、この内、最も多いのが中国(台湾人を含む)と結婚した女性8万5000人。
それに次いで多いのが韓国人と結婚した女性3万5000人だった。

 また、外国人と結婚した女性の4分の3が経済力の低い地方出身者で、全員が自分より10歳以上歳の離れた男性と結婚している。さらに20~30歳年上の男性と結婚した女性は全体の15%もいたのだ。なかには家族内売春婦としてこき使われ、(台湾での実話)、病気になったら、返品されてしまった!
笑いごとではない。



中国では、一人っ子政策の影響から、男女比の偏りが年々拡大している。女性が結婚相手に求める基準も高くなっており、農村部などに暮らす男性は、国外から花嫁を探さなければ結婚できないのが現状だ。そこで登場したビジネスが国際結婚紹介事業だが、花嫁を買われるベトナム側にとっては、大きな社会問題となっている。

 最近、中国ではインターネットを利用した国際結婚紹介サイトが急増しており、多くの中国人男性とベトナム人女性がこれらのサイトに登録している。共通して言えるのは、どちらも農村部や地方都市出身の者という。

 女性は自身のプロフィール(写真、年齢、身長、体重、スリーサイズ)などをサイトで公開し、男性側は、これらの情報から、気に入った女性を「お見合い相手」として選ぶ。
実際にベトナムで「お見合い」するためには、手数料2000人民元(約2万7600円)を支払わなければならない。安いもんだ。

 ベトナム滞在中に「お見合い」して、双方が結婚に合意した場合は、さらに結婚手続き手数料1万元(約17万円)、挙式費用:2万6000元(約40万円)を支払う。なお、結婚する場合には、お見合い手数料として支払った2000人民元は返還される。

 ベトナム人花嫁側も大金を得ることが出来るため、国際結婚を望む女性は後を絶たない。
なんと言って、双方の利害関係が一致しているので、表面上は問題ないように見える。
が、結婚後のベトナム人花嫁の生活は総じて“悲惨”である。
笑っている場合ではない。

 ある花嫁は、こともあろうに処女でないことを罵られ、またある花嫁は、外見や出生の貧しさを侮辱されたという。また、ある花嫁は、待っていたのは夢の新婚生活ではなくて、あのー、書きにくいが、肉欲まみれの生活だったのだ。
言葉が通じないため意思疎通が困難ということもあり、最終的には虐待や暴力に発展するケースが多い。(;゚Д゚) 

酷い場合は、嫁ぎ先の一家の男性複数から性的虐待を受けた後、売春施設に売り飛ばされることもあるという。
酷すぎる。。(TдT)。。。。 


負けるんじゃない! ベトナム娘。
それなら、いっそ、日本の自衛隊員たちに、国際貢献として救助(嫁にもらうこと)に行ってほしいくらいだ。その方が間違いなく幸せで彼女たちもそれを望んでいるのだった。
これは本当の話。


chapter 2.
幻の海岸ナムディン

謎の文章を手がかりにべトナムの首都ハノイから南西300㌔にある幻の海岸ナムディンをめざした。まだ、ひと知れぬ桃源郷だという。それを実際に目で見たい。
そこで人見知りの小柄なティーという娘と知り合う。川端文学を彷彿とさせる『伊豆の踊り子』のような文芸作品になると思いきや、笑いと悶絶の、、あのプノンペンの身請け話を演じてしまう m(><)m 駆け抜ける喜び、疾走するhongda bike  物価10分の1のベトナムの片田舎でわたしは、幸せな夢を見たのだった。その先にあったアジア。それはわしらが忘れた純情がかろうじて生き残っていた。これは「失われた知性」というシャングリラを探検して身請けしそうになったおとこの物語である。
                  編集局記者Dの報告

 「愛と身請け!」

画像5

経済専門のジャーナリスト。数学と物理学の著書が多いですが、最近はアジアのドキュメンタリーを刊行しています。「次元を旅した男」「天才数学者ペレリマンが挑む宇宙の形」「地球を測量」など。アジアの旅本では「テーメーカフェの女」「タイに移住しよう怒涛の2018年版」など。バンコク駐在記者
みなさん、この連載を後押ししてくださり、ありがとうございます。ベトナム人の記者たちの気持ちを伝えられればと思い、ずっと抱えていた原稿ですが、最悪な結末になり、
一気に公開します。青年の国は平均年齢29才、世界が植民地として狙って地獄と化したベトナム。まだ、それを食いものにしようという人たちがいます。
本が完成しますので、iPhone で持ち運べるように手配します。ご支援ありがとうございます。






【送料無料】【キャッシュレス5%還元】スーツケース キャリーケース Lサイズ 大型 キャリーバッグ 軽量 TSAロック 89L アルミ合金ボディ 旅行 かばん おしゃれ キャリーバック 旅行バッグ トランク フレームタイプ 旅行用品

価格:20,800円
(2020/1/23 09:11時点)
感想(11件)