reuterjapannews’s diary

宇宙のなかに住む住人は、どうすればその形がわかるのだろう,という世紀の難問ポアンカレ予想から出発した壮大なドキュメンタリー。決して外から形を眺めることができないがそれに挑む天才数学者たちが繰り広げる死闘を執念で追います。また、記者自身にもそれに挑戦させるとんでもない企画。数学や理論物理学がこれほどまでに凄まじいものかと、、。その煌きと感動を身をもってお伝えします(><);ギリシャ問題、中国バブル崩壊、性奴隷マーケット問題などニュースの裏側を伝えます。短期勝負なのでいづれブログではなくなります。Web MO

英、EU離脱を選択! 1ドル=99円へ 日本も嵐の中へ テレビ出演

f:id:reuterjapannews:20160625112922j:plain

日本も嵐の中へ テレビ出演 

 

原稿を書いていたら呼び出しがかかった。夕方、テレビ局でニュース解説することになった。朝からおかしな雲行きだった。某新聞社ビルのテラスで社員がたむろして何やら打ち合わせしていた。いつもより人数が多い。しかも長時間。今日はイギリスのEU残留か離脱かを決める国民投票の結果がでる日。

しかし、午後1時に決着がついたらしく、わたしはテレビ局に呼ばれたのだ。

女子アナの顔が近づき、マイクを口もとに押し付けられた。

「さきほど、イギリスのEU脱退が決まりましたが、どう思われますか?」

「1ドル=99円まで円高が進みましたが?」

 

わたしは4日ほど前にここに書いた記事を要約してしゃべったのだった。

 

 

イギリスの国民投票のあと、フランス大統領も2017年夏に控える。オルランド大統領の支持率はフランス国内の失業率の増加にともない下降し、国民戦線のルペン党首は反EUと反難民を掲げ支持を増やしているのだ。17年秋にはドイツでも総選挙を控え、メルケル首相の再選を阻むのはAFDである。スペインでも反EUが台頭しはじめた。イタリアでもローマ市長が入れ替わる。

 

ジャンヌになれなかったジョー

 

ジョー・コックス女性議員の死は、反EUへと傾斜した流れを少しだけ、EU残留へと戻した。EU(欧州連合)はアメリカと比肩する経済圏で、欧州の各国が理想と理念で結ばれた共同体である。たとえ、イギリスが離脱しようが、EUは今後も理想と理念を堅持すれば未来がある。東欧諸国とバルト3国が加わった。それは、世界がEUを強く支持しているからだ。

イギリスの金融センターの機能をフランクフルトに動かせばそれで終わりだ。苦しむのは逆にGDP(国民総生産)の10%を失う”グレートブリテン”である。

そして、もっと大切なのは、こうした流れを引起したアフリカ・中東難民の急増の流れの整理である。特に東西アフリカから、貧困に端を発した内戦と永続的な不況から欧州行きを夢見る層があとを絶たないこと。決まった数の難民受け入れならハンガリーの首相も受け入れると語ったが、「EUの決めることは理想論であって現実的ではない。逆に、難民を助長するようなものだ」と批判する。

国際NGOは、こうした地中海を渡ろうとする難民の悲劇を伝える映像を何本か制作し、旅立ちを思いとどまらせたいと考えた。しかし、その実情は言葉の壁、そして、そうしたものに触れることがない貧困層が”死の旅立ち”に向かった。

水際で問題を食い止めることはできない。旅立ちを準備する前に、渡航と欧州での現実を伝え、思いとどまるよう説得するしかない。だが、これでさえ理想論だといわれる。イスラムへの改宗を迫られ殺害される恐れが迫る中東の人びと、さらに内戦の激化で働くこともできず、日々の食事さえままならない多くの最貧国。とどまれば”死”がそこに迫っているのだから、旅立たざるを得ないのだ。

フランス語、スペイン語、英語、ポルトガル語も何も聞き取れないアフリカのひとにどうやって伝えればいいのか? 

この難民の物語は、6万年前に”死のアフリカ脱出”を果たした人類の起源(人類絶滅境界線上のアリア)、あの問題とほとんど何も変わっていない。そして、受け入れようとする側も、実は自分たちは先に脱出に成功したグループの生き残りで、リーダーはそれを知っている。しかし、グループの末端は、後続グループを殺して排斥したいと考えている。

救助隊とは、救助できるひととそうでないひとをわけ距てたりしない。しかし、助けられる限界はわかっている。人数もわかっている。それをEU各国が自国で決め、うまく最初に動きだせば今後も回転する。欧州連合も人命が関っているので性急に動いて、判断を下さねばならない。しかし、結束が失われると損失があまりの大きすぎる。

 

イギリス、ブリテン島のひとたち。ジョー・コックスさんの死をもう一度、考えてみる必要があるのではないだろうか。

あなたの国がEU内でリーダーシップを発揮できるようにすればいいだけではないのか?

イギリスはジェントルマンの国、ナイト(騎士)のいる国として、気高い精神をもつ国として讃えられた。それはもはや過去の話でしかない。ひとを救おうとした女を自分が助かりたいために殺す男とかわりない。

イギリスが暗愚な群集に沈んだ今、日本人は、なぜ日本は東欧諸国のひとに親愛の情をもたれているのかを知ってほしい。日本人の美点とはいったい何かを知らないと、イギリスと同じように暗愚に飲み込まれることになる。

EUは不戦の誓いを共通理念として、誕生した共同体。しかし、主要国の閣僚経験者からEUの首脳陣が選ばれることからEUの民たちの意思が反映されない不安がもたげていたのだ。

これからさらに2年かけて英国とEUの協議を経て正式離脱になる。しかし、為替相場を動かしているのは、投機筋。とにかく株でも為替でも傾斜してくれれば、その波に乗って儲ける、あるいは損をしたくないだけで、過敏に反応する。

24日、午後1時、「英、EU離脱」の速報が流れるとみるみる、レートが動いた。そして、2年7カ月ぶりに1ドル=99円台へ。

これから、どう動くか? ”イギリス・ショック”という言葉がすでに出回っている。グレート・ブリテンの凋落は自国民が招いただ。しかし、いよいよ、本格的な景気後退の波が日本を襲ってくる。

簡単に計算するとこうだ。1ドル=99円以下で、日本の輸出企業(自動車メーカー、造船業者など輸送機器メーカー、精密光学メーカーなど)の決算がどうなるか? そして、何よりもどれだけの販売台数があるかを修正する。販売見込み。おのずと答えがでている。

これから、期間従業員契約社員派遣労働者のひとたちの先行きが心配でならない。日本も嵐に入る。

 

 

 

 

身体に力が入らない。いつもなら、ほとんど間違えずに最初から最後まで話通すことができる。いわば、ゾーンに入るように、しゃべれるのに、うまくは話せなかった。

原因はわたしが自分の身体を使って「生体実験」をやっていたからだ。長寿遺伝子サーチュインのスイッチをONにするため、大量のカロチンと、いつもの60%しかカロリーを摂取していなかったのだ。

確かにスイッチは入ったように思う。朝、鏡に写った自分の顔を見て驚いた。肌がすべすべるになり明らかに若返っている。しかし、身体は不安定だ。それは何か危機が迫ってきたかのように、いつもの自分ではない。パフォーマンスとしては70%の力しか発揮できないのだ。

 

 

 

長寿の惑星 サーチュイン    新連載

寿命100才の世界

 

 

現代科学で1日に必要なカロリーを70%に抑えれば、眠っていた「長寿遺伝子」のスイッチが入ることが明らかになった。

古来から日本の健康法に「ハラ八分目」という教えがあったが、あながち外れていたわけではない。なぜ、70%に削減すればスイッチがonになるのか? 

いろんな説があるが、「食糧難を、長く生きる戦略に切り替えることで種を保存しようとした」というのが有力だ。これを裏づけるのが沖縄にいる100才を超えるひとたちの証言である。沖縄は世界に4つある長寿ディスとリクトの1つである。100才を超えるひとがざらにいるのだ。

その主因は、ここで採れる食料よりも、もっと、生きることの根幹に関ることだった。それは、満足な食生活が長い間できなかったことだ。つまり、「粗食=1日に必要なカロリーの70%を切る」がここのひとたちの長寿遺伝子を呼び覚ましたのだろうという説だ。今の100才以上のひとの時代と、2016年はまったく食料事情が異なる。満足するほどの量は食べれても、カロリーは摂れなかった。豚肉などは年に何回かの祭りのときだけ。

 

 

数学の難問といわれるのは、21世紀に解決されるべきミレニアム問題として、選ばれた7つの問題がある。最近、解決されたのはケプラー予想、そして、ポアンカレ予想である。

ミレニアム問題のほかに21世紀内に解決すべき問題はほかにもある。それは純粋数学の問題ではないが、いくつかの学問にまたがる「人間は何歳まで生きれるか?」という極めて単純な問題だが、とても興味深い難題である。そして、最長不倒年齢が123才。フランス人女性で亡くなった。

 

現在の科学では、致命的な遺伝子欠陥がない場合で、あなたも、わたしも100歳までは生きれそうだ。

「えっ? あたしは89歳だと思っていたけど、何か発見されたの?」

わたしの友人たちは、とくに女性は数学はおろか、経済、科学にあまり興味はない。なのに、紫外線が多くなるこの季節、肌の露出にはきわめて敏感だ。しかし妖怪のような異形になってまで、生きることには抵抗があるそうだ。

そう、紫外線が肌の老化に極めて影響を及ぼすので、ダースベーダーのような顔前面を覆った「おばちゃん」が歩道に出没する。すでにこの時点で「人間、終わってるよね」というのが、若いひとたちの意見。見苦しい。まぁ、それは美容かファッションかわからないが好きにすればいい。

しかし、歩道をあのフルフェイスのサンバイザーをして自転車で走りぬけるおばさんを「このバケツおんな!」という罵声が飛んでいるのは聞こえてないらしい。理由は2つ。見た目の異様さに加え、太陽を浴びないとビタミンDが吸収できない。つまり、あそこまで太陽光線を拒否するともっと深刻な骨の病気が待ち構えている。

「テレビに踊らされ、バカになりました」と、自転車で走り回って宣伝することになるからだ。肌の老化は防げてもビタミンDを体に吸収できない身体にしている。

自分のおかあさんが「バケツおんな」になっているひとは是非、注意してさしあげましょう。だれの言うことも聞かないのがおばさんですが、こどものいうことなら耳をかすかもしれません、、。

 

 

素数ノ謎 第Ⅱ部 宇宙の暗号を連載中に、EUの問題に深入りしすぎ、またしても日本のテレビに出演。しかし、その日、日本に帰国したばかりなのに、自分の体で長寿遺伝子を覚醒させる実験を行い、ふらふら。散々な一日でした。ニュースの本質と裏側を伝えるのはNGOのジャーナリストでしかできないので、3つテーマを追っていながらでも、緊急のニュースを流します。新聞もテレビも見ない世代のひとのために。

世界でもっとも困難な難問に挑み続け、それがドキュメンタリーの本になりました。

 

素数ノ謎 解明への大航海: 宇宙の暗号 (NGO japan cyber library)

素数ノ謎 解明への大航海: 宇宙の暗号 (NGO japan cyber library)

 

 

 

地球の外周を測量 王立学術測量隊の冒険ドキュメンタリー

地球の外周を測量 王立学術測量隊の冒険ドキュメンタリー

 

 

 

天才数学者ガウスと時間の商人たち: 時間の正体に迫る

天才数学者ガウスと時間の商人たち: 時間の正体に迫る

 

 

 

天才数学者ペレリマンが挑む 宇宙の形 第1幕: 宇宙の真実の姿とは? (oriental novels)

天才数学者ペレリマンが挑む 宇宙の形 第1幕: 宇宙の真実の姿とは? (oriental novels)

 

 

 

 

 

宇宙の形第3幕 物理学者の死闘

宇宙の形第3幕 物理学者の死闘

 

 

 

宇宙の形第4幕 ポアンカレ峰アイガー北壁の死闘

宇宙の形第4幕 ポアンカレ峰アイガー北壁の死闘

 

 

 

中国発世界恐慌 鬼商城とロプノールの謎

中国発世界恐慌 鬼商城とロプノールの謎