ReuterJapanNews’s Dialy

バンコク駐在記者。タイ・ミャンマー・ベトナムを主にカバー。 バンコクの今、中国全アジア支配の野望、インド性奴隷市場などニュースの裏側をお伝えします! 短距離走者のなので、すぐ息があがる。いずれブログではなくなります? このブログにはアジアのドキュメンタリー本が何冊も隠されています。なかには発禁書も。見つけた人には300Pの電子書籍をプレゼント!

タイ 日本人に特別観光ビザ発給へ

 f:id:reuterjapannews:20201028083303j:plain


 タイ観光省は1026日、日本人に特別観光ビザ(stv)の道を開いた。1022日現在で特別観光ビザ(STV)と観光ビザ(TR)所持者は、日本からタイへの入国が可能。





日本は、タイ保健省が定める新型コロナウィルス感染拡大国リストの「低度感染危険国」となっているため、特別観光ビザ(STV)と観光ビザ(TR)所持者はタイ入国可能。


ただし日本の感染リスクレベルが変更になった場合は、入国できない可能性がある。


 タイ王国大使館のHPにて、ビザ申請事項や必要書類の確認ができる。


 

特別観光ビザ(Special Tourist Visa -STV)

タイ保健省が定める新型コロナウィルス感染拡大国リストの「低度感染危険国」から入国する者のみ申請可能。


 現在、日本は「低度感染危険国」にあり、申請可能です。(タイ保健省が定める新型コロナウィルス感染拡大国リストは毎月15日と30日に更新される。感染リスクのレベルに変更がでた場合は、申請できない場合がある。変更になった場合は大使館のHPにて発表)



 特別観光ビザ(STV)は、2020102日から2021930日まで実施されます。

注意点:

• 申請者本人申請

• 申請者はタイ王国の入国禁止者リストに入ってないこと

• 申請者は日本、または国籍を有する国や居住国においてタイ王国の治安を脅かすような犯罪歴がないこと

• 申請者は日本国籍もしくは日本で永住権をもつこと

• 申請者は仏暦2535年の省令に定められる禁止疾患、すなわち、ハンセン病結核麻薬中毒、象皮病、第三期梅毒ではないこと

• 申請者はタイ王国で就労禁止

• ビザ申請料:シングルエントリー 9,000

• ビザの有効期限は、ビザ発行日から3か月間有効。入国後、入国日から90日滞在可能。(入国後、タイ入国管理局にて回の滞在期間延長の申請が可能。1回の申請で延長できる滞在期間は最大で90日。


ただし、2021930日の実施間際にビザを申請した場合、滞在期間は90 日に満たない、あるいは滞在期間の延長ができない場合がある)


新型コロナウィルスによる入国制限の措置が実施されている期間の申請時に必要な書類で通常時とは異なるので注意。



特別観光ビザ申請方法の詳細は  http://site.thaiembassy.jp/jp/visa/type/9560/





伊勢丹に続き東急百貨店も撤退!

MBKは30億投じ大規模改修へ



f:id:reuterjapannews:20201028091127j:plain

サイアム パラゴン



 マーブンクロー、MBKセンターを知っている人は多いと思う。その隣にある東急百貨店が撤退を決めた。

MBK自体が家賃を払えなくなったテナントが次々と脱落。

観光客のお土産購入の聖地だっただけに落ち込みが凄い。


MBK側は30億を投じ大規模改修するという。東急百貨店はMBKに入居する形で営業していたが、サイアムに次々と新しい百貨店がオープンし、需要が低迷していた。

MBKそのものもアラブ人、中国人、インド人がいなくなって苦境に立たされている。東急百貨店の閉店はバンコクに住む日本人が極端に少なくなっている事を

物語っている。


首都バンコクと古都チェンマイに最盛時は7万人の日本人は暮らしていたのだ。



f:id:reuterjapannews:20201028090313p:plain





#タイ #バンコク   #海外旅行 #海外ニュース #でも