ReuterJapanNews’s Dialy

バンコク駐在記者。タイ・ミャンマー・ベトナムを主にカバー。 バンコクの今、中国全アジア支配の野望、インド性奴隷市場などニュースの裏側をお伝えします! 短距離走者のなので、すぐ息があがる。いずれブログではなくなります? このブログにはアジアのドキュメンタリー本が何冊も隠されています。なかには発禁書も。見つけた人には300Pの電子書籍をプレゼント!

ミャンマー 国際線の運航休止を6月15日まで延長

f:id:reuterjapannews:20200517143040j:plain

ミャンマー国営航空(MNA)は14日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、国際線の運航休止期間を6月15日まで延長すると発表した。

フェイスブックを通じた発表では、6月16日からは全フライトを再開するとしているが、詳細は不明。

MNAは4月19日から、国内線、国際線の全便を運休している。対象期間中の航空券については、全額払い戻しや手数料なしでの利用日変更に応じる。

ミャンマー国内の新型コロナウイルス感染者数は14日午前までに181人に達した。政府は、国内の国際空港全てで国際線旅客機の着陸を禁止している。