ReuterJapanNews’s Dialy

バンコク駐在記者。タイ・ミャンマー・ベトナムを主にカバー。 バンコクの今、中国全アジア支配の野望、インド性奴隷市場などニュースの裏側をお伝えします! 短距離走者のなので、すぐ息があがる。いずれブログではなくなります? このブログにはアジアのドキュメンタリー本が何冊も隠されています。なかには発禁書も。見つけた人には300Pの電子書籍をプレゼント!

ムンバイから死の彷徨 開発のダラビから

f:id:reuterjapannews:20200403174014j:plain

ムンバイから逃れた人々


 ダラビはアジア有数の貧困地区で、推定100万人が約2.1平方キロの土地にひしめき合って暮らしている。公衆のトイレを使うために数百人が並ぶこともある。


 だが、人々が思い浮かべるスラムとイメージが違う。ダラビは経済活動が盛んで、年間数十億ドル(数千億円)超の規模の取引が行われていた。


主要産業は、陶器や革製品、繊維製品などの製造業。約5000社が推定約1万5000の工場を運営。大量に出るごみもここで分別され、リサイクルへと回される。


 ある陶器職人は「私たちは100年以上ここで生活し働いてきた…ここに高層ビルを造るのなら私たちを撃ち殺してからだ」と語った。


低賃金の日雇い労働者はここで働く人々だった。



スラムがシティー