ReuterJapanNews’s Dialy

バンコク駐在記者。ヤンゴンからチン州ミンダットに転戦。国際NGOと連携して国軍の攻撃から逃れる難民を救おうと頑張っています。

タイにいつまでも居たい あなたへ

f:id:reuterjapannews:20191222110304j:plain

Bangkok

 

f:id:reuterjapannews:20191222182312j:plain

 

 

Hi Dear

 

 

現在は陸路国境を超えてタイに入国する場合は、入国は年間2回までに制限されてい

ます。

 

タイ入国管理局の最近のルール変更により、日本をはじめとしたビザ免除国の旅行者は、カンボジアラオスミャンマー、マレーシアから陸路国境を超えてノービザでタイに入国する場合は、1月1日から12月31日までの間で、30日間の滞在許可は2回まで得ることができます。

 

またノービザで空路でタイに入国の場合は、暦年で6回まで30日間の滞在許可を得ることができます。

さらに、滞在期間延長も、1900バーツの手数料で30日間可能。

 

 外国人観光客は、半年間の滞在期間を合計90日以内に制限することなく、いつでもタイを訪れることが出来るようになりました。

 

 

しかしタイ入国管理は、短期間の滞在の繰り返しでタイに長期滞在することは適切でないとして、依然として事前にビザを取得することを勧めています。

 

タイのビザ取得や入国に関するルールは度々変更されることもあり、注意深く情報を収集することが大切ですね。

 

 

タイにいつまでも居たいあなたへ

ワタシもそうですけど

 

 

まとめると、

・ノービザで最初は30日、申請でプラス30日

計60日

・ビザランのため隣国へ

ノービザ 同60日

 

ここからは、ラオスなど隣国で

・観光ビザ90日を取得して下さい。

 

・計最大210日は安全圏ですね。

 

残り155日をどこで?

 

 

カンボジアからの入国は

f:id:reuterjapannews:20191222153142j:plain

タイ滞在延長の国境往復ツアーを行うタイビザサービスのウェブサイトによると、先日伝えられたタイ-カンボジア国境でのビザ無し入国拒否をタイのイミグレーションが撤回。

 

ビザ無しでの合計滞在日数が年間90日以内であれば、ビザ無しでのタイ入国が可能になったとのことです。なお観光ビザでの滞在は日数に含まれません。
ビザ関連については流動的なため情報収集にお努めください。

 

みなさん、インドシナでお会いしましょう(笑)

 

えっ?

カネが貯まらないからムリ!

そういうあなたはこちら

 

カネがたまらに理由

お金持ちの人たちは、モノになるべく支配されないように、必要以上のモノは持っていないのです。お金持ちになるために買ってはいけないモノの例は、家、車、時計などの固定資産や地位財でした。

 

 

アンタ、時計買ってるじゃないの?

ans-serif;">うっ!