ReuterJapanNews’s Dialy

バンコク駐在記者。タイ・ミャンマー・ベトナムを主にカバー。 バンコクの今、中国全アジア支配の野望、インド性奴隷市場などニュースの裏側をお伝えします! 短距離走者のなので、すぐ息があがる。いずれブログではなくなります? このブログにはアジアのドキュメンタリー本が何冊も隠されています。なかには発禁書も。見つけた人には300Pの電子書籍をプレゼント!

上海株暴落,股民色情服務下生活

1940年代のニューヨークから  75年ぶりに流行る”跳楼”の因果

アイリッシュ系(欧米白人社会では人種差別されて下層扱いされる)であるジョセフ・ケネディは、酒造業と金貸し業によって一代で身を起こし、ウォール街で財を成した相場師だった。だから戦争特需による好景気到来を期待していた経済通のチェンバレン首相と…

上海株バブル崩壊!  「跳楼」者のリスト届く すでに3月から

」上海から株式投資による損失で跳楼自殺したひとのリストが届いた。それはすでに3月から始まっており、2日に1人の割合で、多い日には毎日1人という割合だ。とてもリストは出せない。あわせて、現場の写真が10枚送られてきたが悲惨極まりない。表にで…

上海株暴落  股民の自殺やまず  ついに街頭キャンペーン

中国株式市場の大暴落に、中国南部地域で自殺者が続出。上海市政府から証券会社の女性社員にビキニを着せ、自殺防止キャンペーンを繰り広げている。株主に向けたスローガンは「自殺せずに上がるまで待って」。実は上海では以前から高いビルから飛び降りるの…

ユニクロ 深圳の縫製工場でスト  北京ではSEX?中国にいてはいけない!

現在、ユニクロは中国で労働争議に見舞われている。心配だ。理想的な経営精神が逆手にとられるー。現場は深セン。委託先の企業が2カ所の工場を1カ所に集約するのにあたり、勤務場所が変わる一部従業員が統合に反対しているという。ストライキに参加してい…

上海株暴落 なぜ、股民たちは自殺に追い込まれたの? シャドーバンキングの罪

上海株の暴落後、どのような生活になっているのか? 状況を探っていると、中国全土に広がっていたシャドー・バンキングに行き着いた。株価の暴落で自殺したひとたちの話は、前に書いたが、日本でいう信用取引で自らが所有する額の4倍の額を投資。これにより…

BAIDUはなぜ道を踏み外したの? 政権ではなく人民を優先すべきでは

中国の検索エンジンサイト、BAIDU が必要以上に、日本のあらゆるシーンでパソコンにとどまり、困っている日本人が大勢いる。友人のビジネスマンの職場で使っているパソコンにある日、時刻の隣に「曇り」のマークが表示されるようになった。BAIDO 百度である…

中国政府の官製バブル崩壊が明らかに Google は自由のために戦っていた

2010年1月12日、Googleは自身のブログで、Googleを含め20以上の米国企業が中国からのサイバー攻撃を受け、Googleからの逆探知により突きとめたと公表した。それらの攻撃は多数の人権活動家のアカウントを乗っ取ろうとするもので、Gmailのアカウントも攻撃を…