ReuterJapanNews’s Dialy

バンコク駐在記者。タイ・ミャンマー・ベトナムを主にカバー。 バンコクの今、中国全アジア支配の野望、インド性奴隷市場などニュースの裏側をお伝えします! 短距離走者のなので、すぐ息があがる。いずれブログではなくなります? このブログにはアジアのドキュメンタリー本が何冊も隠されています。なかには発禁書も。見つけた人には300Pの電子書籍をプレゼント!

カメラ修行

「天使の戦い」無償公開! 頑張れ日本武漢加油

足掛け2年におよぶ「タイ紀行ー裸の情熱大陸」の最終章 「天使たちの戦い」を無償公開します。 閉塞した状況下で、がんばり抜くひとを応援します。 学生さん、社会人の方で、 映画も観飽きてしまった方。 世界でもっとも刺激的な熱帯モンスーンの街でどんな…

全アジア、南北アメリア大陸とも経済的に絶不調へ

インド経済が大幅に失速の記事が通信社から流れてきた。しかし、それは世界的なことだ。北米でインフルエンザが猛威を振るい、全アジアが新型コロナウィルスで経済は薄寒いほど後退。南米はもっと酷い。これで2020年1-3月期は無かった事になる。消えた時間な…

フォローミイ! 世界

タイに移住しよう2019 裸の情熱大陸を取材中、予期せぬことが起きたー。 こんな娘にFollow me to と言われて、ホテルに誘われたら? Follow me とは、 美しい女が恋人の男を見知らぬ世界へ誘うシリーズのカメラ作品 日本語では「ついてきなさい!」 こんな感…

旅にもってゆくカメラ EOS 6D mk2

あなたがもし、プロに近い情報を発信する方なら、今、地球上にある市販一眼レフカメラでは、この1台をお勧めします。 理由は 1、小型軽量。旅にでて疲れていても、必ず背負っていかなければならない。 2、1Dシリーズなどプロ機は、周囲と撮影対象を緊…

ヤンゴン経済の歪み 嬢は一晩で月給を稼ぐ

東南アジア諸国の人件費は、マレーシア・タイ・インド・中国が日給が約2,000円、フィリピン・ベトナム・インドネシア・バングラデシュが1,000円を少し切る。ミャンマーは500円程度。 ミャンマーは月給が15,000円前後(一般所得)、日給にして、500円前後と言…

タイ入国 中国人にマルチプルビザ発給へ 

バンコク、プロンポンから中国が全アジアを支配する日 series5日本人は何でこれほど軽んじられるのだろう? マルチプルビザ(マルチビザ)とは、有効期限までは何度でも出入国が出来るビザのこと。ちなみにシングルエントリービザは入国が一度だけ、ダブル…

さよならク・ハラさん

クルンテープで見つけた人間の最も幸せな姿。この像は道端に放り出されようにあったのだ。チェンマイの遺産 Black pink のリサさんの記事を追いかけたのは、ク・ハラさんのファンだったから。 その彼女が24日、亡くなった。日本公演を最期に力尽きた。インス…

タイからミャンマーへ外国企業がシフト

バンコクではトヨタ車が幅をきかせる。しかし、ヤンゴンに未曾有の景気が訪れていた。東南アジア最後のフロンティアが、、。 タイの労働賃金が上昇、さらに通貨のバーツが世界のあらゆる通貨に対して上昇を続けている。タイの日系企業などをはじめ多くの工場…

日本スゴイ記事の真相

Bangkok. このレベルの建築物が至るとこるにある。日本では地価が高いため惨めな建物が目立つが、中身も日本は惨め。ここから眺めると日本はなんて貧しいんだろうとかんじてしまう、。 コンピューターやスマートフォンなどの分野で日本製品はもはや見る陰も…

クルンテープへの帰還 天使の都バンコクでの闘い

わたしの取材はすでに3カ月に及んでいる。 カオサンからパタヤへ渡り、そして、バンコクの中心部スクンビッド(写真)。 BTSのナナ駅からアソーク方向の景色。 一度は失った美女を取り返す もっとも辛かったのは、バングラディッシュ人につきまとわれた…

世界から消えるカメラの名機 CANON F‐1の凄み

産業革命第15話 消え去る百貨店、フィルムカメラの名機、カメラ博覧会 CANONのオールドレンズ50㍉、F1・4を手に入れた。ここから見える世界はどんなだろうと想い、心がわくわくした。これを機会に同時代に製造されたF1ボディーを探した。 それから1年…