reuterjapannews’s diary

宇宙のなかに住む住人は、どうすればその形がわかるのだろう,という世紀の難問ポアンカレ予想から出発した壮大なドキュメンタリー。決して外から形を眺めることができないがそれに挑む天才数学者たちが繰り広げる死闘を執念で追います。また、記者自身にもそれに挑戦させるとんでもない企画。数学や理論物理学がこれほどまでに凄まじいものかと、、。その煌きと感動を身をもってお伝えします(><);ギリシャ問題、中国バブル崩壊、性奴隷マーケット問題などニュースの裏側を伝えます。短期勝負なのでいづれブログではなくなります。Web MO

ベトナム女性 怖い嫉妬の果てに阿部定事件

ベトナムではまだ、続いていた( TДT)

恐怖の習慣

f:id:reuterjapannews:20180608084505j:plain


 ホーチミン市警察は1区チャンフンダオ通り242B番地にあるレストラン「フオンドー(Phuong Do)」の立ち入り検査を実施し、男性客をターゲットとした売春ルートを摘発した。

 警察によると、2か月にわたる捜査の末、売春ルートの全貌が掴めたため、摘発に踏み切ったという。摘発時、店内では複数の女性店員が半裸の状態で男性客4人の前で踊っていた。

 また、警察はレストランの摘発と同時に、1区チャンディンスー通り周辺のホテルを立ち入り検査し、売買春行為を働いていた男女3組を現行犯逮捕した。女らはこのレストランの店員で、警察の取調べに対し、店の管理人から売春の斡旋を受け、1回150万ドン(約7200円)で売春を行っていたと供述している。

 

 

( TДT)
 ホーチミン市2区で15日夜、同区の建設現場で働くN・V・Nさん(男性・57歳、メコンデルタ地方ドンタップ省出身)が、恋人の女性に局部をナイフで切断される事件が発生した。( TДT)

  Nさんによると、2人の間でトラブルが発生し、Nさんの入浴中に局部を根本から切断されたという。

  Nさんは重症を負ったが、切断後すぐにザーディン人民病院に救急搬送され接合手術を受けたため、手術の2日後には切断部分の回復が確認された。

  なお、同病院はしばしば局部を切断された患者を受け入れるという。 (;゚Д゚) 

 


まだある。( TДT)

 メコンデルタ地方ロンアン省タンタイン郡キエンビン村で2月18日午前2時頃、同村に住むCさん(女性・37歳)が夫のKさん(男性・39歳)の局部をかみそりで切断して自宅付近の水路に捨てるという事件が発生した。

 17日午後23時頃、妻のCさんは酒を飲んで帰宅し寝ていた夫のKさんを起こそうとしたが、Kさんは布団をかぶってそのまま寝ていた。夫に愛人ができたのではないかと考え、嫉妬に逆上しきったCさんは、かみそりで夫の局部の3分の2を切り取って近所の水路に投げ捨てたという。

 Cさんはその後、自宅から近い夫の実家に行って夫の様子を冷静に報告し、自分の実家に戻った。出血多量で意識を失っていたKさんは、家族により病院に救急搬送され、応急処置を受けた。Kさんの容態は回復に向かっているが、切断されて捨てられた局部の一部は流されてしまい、接合手術はできなかった。

 なお、Kさん夫婦には2人の子供がいる。Cさんは地元でも嫉妬深いことで有名だったが、Kさんは浮気を疑われるようなこともしておらず、これまでに夫婦間で深刻なトラブルが発生したこともなかったという。警察は、Cさんから詳しい事情を聴いている。

f:id:reuterjapannews:20180608084622j:plain


まだあるよ。 (;゚Д゚) 
 メコンデルタ地方ティエンザン省に住むバイ・ベンさん(仮名)は、妻の浮気について口論した末、何と自ら自分の性器を切断してしまった。

 地元当局の話によると、ベンさんはとても妻を愛しており、妻の願いで土地の一部を売り、費用5000万ドン(約37万円)ほどで家を新築した。ところが工事が終ってみると、何と自分の妻が工事を請負った親方と浮気をしていることが発覚。さらに妻はベンさんとの離婚を申し出、口論の末、説得に失敗した彼は何を思ったのか自分の「大事なモノ」を切除してしまったのである。その後発見した近所の人がベンさんを病院に担ぎこんだ。

 浮気がばれ、妻に「モノ」を切りとられる、いわゆる阿部定事件ベトナムでは日常茶飯事だが、自分で自分の「モノ」を切り取るという事件はこれまでにも例がないという。

 

f:id:reuterjapannews:20180528084618j:plain

 

1回1000USDの「ホットガール」買春ルート摘発、仲介の22歳女を逮捕

 

 ハノイ市バックトゥーリエム区警察は同区のホテルを立ち入り検査し、売春行為を働いていた2組の男女を逮捕した。

 また、同ホテルの別室で売春料の支払いを待っていたグエン・ティ・ハオ容疑者(女・22歳、紅河デルタ地方ビンフック省イエンラック郡出身)も、売春仲介の容疑で御用となった。警察が同容疑者の身体検査を行ったところ、所持していたかばんの中から4500万VND(約21万円)を発見・押収した。

 ハオ容疑者は抜群の美貌を持ち、フェイスブック(Facebook)でも多数のフォロワーを有する「ホットガール」。同容疑者は、6月初めから化粧品販売店やビューティサロンで働く美貌の女性を誘い、セクシーなポーズの写真を撮影してフェイスブックページや売春ウェブサイトに掲載し、「ホットガール」や「モデル」などを謳って宣伝広告を行っていた。

 売春料は1回につき1000USD(約10万5000円)以上。この中から売春婦に約500万VND(約2万3500円)を支払い、残りは仲介料として同容疑者が受け取っていた。客が多い時には、自らも買春客の相手をしていたという。警察は全容を把握すべく、裏付け捜査を進めている。