reuterjapannews’s diary

宇宙のなかに住む住人は、どうすればその形がわかるのだろう,という世紀の難問ポアンカレ予想から出発した壮大なドキュメンタリー。決して外から形を眺めることができないがそれに挑む天才数学者たちが繰り広げる死闘を執念で追います。また、記者自身にもそれに挑戦させるとんでもない企画。数学や理論物理学がこれほどまでに凄まじいものかと、、。その煌きと感動を身をもってお伝えします(><);ギリシャ問題、中国バブル崩壊、性奴隷マーケット問題などニュースの裏側を伝えます。短期勝負なのでいづれブログではなくなります。Web MO

近づく米朝開戦! 2つのシグナルが発せられた

 

2つのシグナルが発せられた

f:id:reuterjapannews:20170215084445j:plain

 

 

北朝鮮は3日、水素爆弾とみられる6度目の核実験を実施した。これを受けて、米国ホワイトハウスではトランプ大統領、ペンス副大統領、マチス国防長官らが緊急協議を行い、具体的な軍事行動を1つ、1つ確認するようにテーブルに載せ、北朝鮮金正恩氏の度重なる武力挑発が、レッドラインを超えたことを示唆した。

マチス氏は「全滅も選択肢のひとつ」と、これまで、大統領の発言の火消しに回っていた慎重派は、あるシグナルを北に伝えようとしている。

 

これまで、中国を介しての経済制裁で対話に応じる構えを見せてきたが、北朝鮮はこれを無視し、挑発を加速させている。

 

第2次朝鮮戦争が勃発するか。

 

中国とロシアは同盟関係にある北朝鮮の制裁については消極的で、米国は思うように制裁効果が期待できない。金正恩氏は交渉のテーブルに着こうとは考えていない。

そもそも、あるのは「核保有国を認めさせる」という実力行使。これを見誤ったため、時間だけが過ぎて、北朝鮮が有利な状況に転がり始めている。

 

あるのはただひとつ。「核保有を認めさえる」。武力で認めざるを得なくするという意味だ。中国の習国家主席も、「日本とは戦争はせず、ただ、争うのみ」とかつて発言しており、意味は武力で圧倒的に追い抜いて、戦わずして勝つことをさしている。

中国は2050年にアメリカを抜き去り、世界の覇権を握る国家政策を進めている。この布石のひとつが一帯一路である。

北の金正恩氏もこれと肩を並べ、横につく考えだ。

 

水爆が小型化され大陸間弾道ミサイルICBMに搭載されると、米国の主要都市が射程内に入る。

 

トランプ大統領はこの問題を米国民の理解を得ずして、北朝鮮への攻撃が可能か? また、日本と韓国に相応の被害がでることを両国がちゃんと理解するかを待たなければならなかった。

 

これから先は、

金正恩氏のキル・スイッチをON、被害が日本、韓国、グアムに展開する在米軍に及ぶが、最大の障壁は米国本国に届く前に征圧することだ。

もうひとつのシグナル

 日本はすでに安部総理が在韓邦人約3万人にいつでも緊急情報を流せるよう準備に入っている空爆の作戦前に日本人すべてが帰国しだしたら北へ情報が筒抜けになるので、攻撃第一波以降に伝わることになるだろう。

 

この半年間、幾度となく戦争への波が振幅したが、第2次世界大戦前と朝鮮戦争もこのような展開からある日、突入したのだ。

 

たとえ、これが先に伸びたとしても、まったく同じことで振幅し、さらに北朝鮮の攻撃の威力と精度が増すだけだ。

ポイントは北が武器輸出で国家を永らえさせている国で、わかりやすく言えば武器商人。ミサイルだけではなく核弾頭もつけて売るような国である。

 

このまま、米朝が対峙して見合うことはないだろう。待てば危険度が増すばかりなのだから。

 

さらにヨーロッパのジャーナリストも同じ意見だ。

わかっていることは太字のラインだけで、予断を許さない状況に入っている。この核兵器にかかわる極東の危機が最終局面を迎えているのだろう。

 

 

面白い話がある。中国に派遣されている北朝鮮の女性労働者の集団。年間なんと7000米ドルも北朝鮮に納めなければならない義務がある。月に7万円程度の給料では残るものはない。奴隷として売られたようなものだ。5年奉公という。

どんな

 

 

 

 

  

 

北朝鮮の挑発は別のカウントダウンの時間を進める

 

北朝鮮による6回目の核実験を受けて各国が対応を急ぐ中、北朝鮮の韓大成駐ジュネーブ国際機関代表部大使は5日、当地で開催された国連主催の軍縮会議で、米国にさらなる「贈り物」を届ける用意があると言明した。同国を巡る情勢は不透明感が高まっている。

韓氏は、北朝鮮が「9月3日に大陸間弾道ロケット向けの水素爆弾実験を行い、成功したことに満足している」と語った。

さらに、北朝鮮の最近の自衛措置は米国に宛てた「贈り物」だとし、「北朝鮮に圧力をかけようとして無謀な挑発行為や無益な試みに頼るのであれば、米国はさらに多くの贈り物を受け取る」と語った。

 

 

f:id:reuterjapannews:20161006142755j:plain

原題 北朝鮮アセンディングより

邦題 彼女たちの国境 悪魔の辞典より抜粋

 

 

第1の暗殺未遂事件

北朝鮮金正恩第1書記に暗殺者の影が迫っていた。

具体的な事例が伝えられたのは2例、これらが事実であれば、金正恩氏は過去3年間狙われ続けていたことになる。今年は朝鮮労働党創建70年の節目で厳戒態勢下での金正恩氏の野外行動が活発化しているが、一方、北朝鮮からは国内で幹部らの極刑による粛清や公開処刑の情報が増えている。指導者自身の恐怖心が招く恐怖統治。北朝鮮内で“恐怖の連鎖”が深刻化している。

 

 

 第1の事件は韓国紙東亜日報が報道した。発生は約2年前の2012年11月3日だった。報道によると、金正恩氏の現地視察当日朝、平壌市内の野外スケート場など3カ所の建設現場周辺で、外国製機関銃が隠されているのが発見されて発覚したという。

 

 金正恩氏の日程は北朝鮮の最高機密だ。特に監視の厳しい平壌に機関銃を持ち込まれていたことから、「事件の背後には大物がいる」と判断され、「一番有力な容疑者として叔父の張成沢が注目された」(東亜日報)という。

 

 結局、実行犯は捕まらなかった。だが、張成沢氏に対しての尾行などの調査がこのときから始まったという。金正日氏の急死以降、金正恩氏の最側近として隆盛を極めていた張成沢氏だが、このころ突然のように公開行動の姿が消え、韓国では粛清説が流れた。

 

 金正恩氏と一族の警護は護衛総局が担当している。昨夏、この護衛総局の車が銃撃を受けて1人が死亡する事件があったとの情報もある。これは米自由アジア放送(RFA)が伝えている。

 

 不穏な空気が流れる中で2012年5月以降、金正恩氏の官邸、別荘、専用施設30カ所は装甲車100台などが配置された。この警備強化は米国も確認し、米シンクタンク、ランド研究所が2013年の報告書で明らかにしている。

 

 張成沢氏の処刑後、張氏の息がかかった幹部らの一斉粛清が始まり、その恐怖統治は今も続いている。まず第1段階として、張氏の親族や最側近の11人が処刑され大量の幹部が解任・追放された。第2段階では中央組織内の検閲(調査)と処分が行われた。極刑で火炎放射器が用いられたとの情報もある。現在は第3段階が進行中という。

日本で北朝鮮の公式報道をモニターしているラヂオプレスによると、金慶玉第1副部長は昨年7月、幹部の葬儀名簿に名前が上がっで以来、動静報道がない。昨年3月には金正恩氏の観劇に同行し映像も確認されている。だがその後は急激に報道が減り、昨年7月の名簿を最後に途絶えているとしている。

 

 金慶玉第1副部長の粛清が事実なら、張成沢氏に次ぐ北朝鮮の最高幹部の処刑ということになるが、現在までのところ未確認。

 

 

第2の暗殺未遂事件

 第2の事件は、北朝鮮情勢に詳しい東京基督教大学西岡力氏が月刊「正論」(3月号)で明らかにした。韓国の国家安全保衛部出身の脱北者から入手した情報、「2回目は2013年5月、平壌の女性交通警察官が英雄称号を受けた事件だ。いろいろ噂が流れたが。金正恩の車に大型車が突っ込もうとした事件をこの女性警察官が防いだのだ」というものだ。

 

 このとき北朝鮮の公式メディアは女性交通警察官(22)について「革命の首脳部を決死の覚悟で守った英雄」と称賛する報道を繰り返した。「革命の首脳部」が金正恩氏を指し、「不意の状況で英雄的犠牲精神を発揮し、その安全を守った」として北朝鮮で最高の栄誉とされる「共和国英雄」称号を授与しているが、これが暗殺未遂だったとの証言だ。

 

暗殺未遂事件と2013年末の張成沢処刑の関連について記事は触れていない。記事を書いたのは北朝鮮出身の脱北記者で独自ルートの特ダネを書くことで知られる人物だ。発生から約2年後に未遂事件を記事化したことについて「随分前に知ったが、情報源の安全確保のためこれまで報道しなかった」と断った。

 

 

成分がよい。

使い方は「出身成分がよい」。

だんだん『悪魔の辞典』の様相になってきた。北朝鮮内で軍部、政治のすべて部門で、出世を望めるのはこの『成分』により決まる。成分には核心・動揺・敵対の3階層があり、さらに51に細分される。どれほど秀才でも成分が悪ければ希望の大学にゆけない、仕事はない。そう、あなたもわたしも失業だ。とうもろこしの粉袋を担いで中国国境を渡り、密貿易するしか生きる道はない。

捕まるのは2度まで、3度はない。なぜなら2度目でほとんど男は獄中で衰弱死するから。つまり、金ファミリーへの忠誠心がメジャーになっている。しかし、最近やけに収監所が大きく広くなった。あまりにも収監されるひとが増え続けている。1000-3000人は収容できる収監所が数えたら最低でも20はあり、さらに、土地を造成中だ。

これは延吉収監所再開発事業とでもいうのだろうか? 首都ピョンヤンの北にまるで逆扇状に収監所が配置されている。

①第12号管理所 - 咸鏡北道穏城郡蒼坪里

②第14号管理所 - 平安南道价川市皮虎山周辺

③第15号管理所 - 咸鏡南道耀徳郡大淑里

④第16号管理所 - 咸鏡北道化成郡

⑤第22号管理所 - 咸鏡北道会寧市洛生里・行営里・仲峰洞など

⑥第25号管理所 - 咸鏡北道清津市松坪区域輸城洞。別名:輸城教化所

⑦第18号管理所 第18号管理所 - 平安南道北倉郡得長里。第17号に隣接・第14号とは大同江の対岸

⑧南新義州収容所 South Sinuiju Do-jip-kyul-so Provincial Detention Center

⑨第1号教化所 Kyo-hwa-so Correctional Facility No.1

⑩第3号教化所 Kyo-hwa-so Correctional Facility No.3

⑪第4号教化所 Kyo-hwa-so Correctional Facility No.4

⑫第77号教化所 Kyo-hwa-so criminal reeducation prison-labor camp No. 77

⑬第11号管理所 - 咸鏡北道鏡城郡冠帽里 ⑬と⑭は3000人規模、5才のこどもが収監されている

⑭第13号管理所 - 咸鏡北道穏城郡豊川里・東浦里

⑮第17号管理所 - 平安南道北倉郡石山里

⑯第19号管理所 - 咸鏡南道端川市大興洞(最大規模)神戸市と同じ大きさ

⑰第23号管理所 - 咸鏡南道徳城郡楽園里(旧 泥望只里)

⑱第26号管理所 - 平壌市勝湖区域貨泉洞(別名 勝湖里収容所)

⑲第27号管理所 - 平安北道天摩郡(1990年11月に移転)

⑳その他の所在地 咸鏡南道定平郡、 慈江道煕川市、

慈江道東新郡、平安北道寧辺郡、黄海北道沙里院市

 

 

政治犯

政治犯の収監は4つの大きな収容所に現在も8万人から12万人が収監されていると推測される。(国連北朝鮮人権調査委員会報告書)。

これはあくまでも政治犯と家族だけ。数字が多いのは家族も一緒に収監するからである。なお、政治犯は脱走を図ったら公開処刑になる。

 

 

成分が悪い

日本からの北朝鮮帰還者は3階層の真ん中「動揺」に分類された。帰還者の証言によると「どんなにがんばっても昇進はできなかった」という。また、秘密警察の国家安全保安部員に監視対象として10年間もわからないうちに監視し続けられていた。

核心、動揺、敵対。あなたは、どの成分? 

 

 

 

 キルスイッチ 

 

 『北朝鮮アセンディング-彼女たちの国境』で書いたように、軍を指揮し常に動いてないと気が済まないという脅迫観念にとらわれており、日本の安部首相と米国のトランプ大統領との会談時にミサイルを発射、自らが世界の注目を浴びた。

ミサイル発射計画と同時に、北朝鮮の後継者レースで最有力だった長男の正男氏の殺害の機が熟したことから、暗殺を実行、北から韓国を通じて殺害をリークしたとみられる。

 

金正男氏は自身、暗殺される危険は感じていたようだが、マレーシアからマカオへ行く便に搭乗する途中で、工作員に捕まった。

中国はこれまで北朝鮮と中国のパイプ役だった張成沢氏(処刑された)を通じて中国国内やマカオで正男氏を保護してきた。暴走をやめない正恩委員長の後継者に、「正男氏を北朝鮮のリーダーに据える」という選択肢を、正恩氏が読み取り、阻止することが狙いだったようだ。

 

今回の国際世論が糾弾するなか、公然とミサイル発射し、正恩氏はみずからの殺害計画「キルスイッチ」を押すことになった。

北朝鮮は昨年秋からの米の収穫ができず、農村部で餓死者がでている。ひとつの都市で300人の餓死者がでていることから、数千人に及ぶ可能性がある。

 

 

 

北朝鮮アセンディングより

彼女が旅した極限の1万km

麗しのピョンヤン物語

北朝鮮アセンディング

   ジョン・ナッシュ博士のTheory of Gameで紐解く

仮想敵国ゲームの真実

男たちは世の女性から失われた「しとやかな女性」のイメージを北朝鮮の美女軍団に重ね合わせた。韓流ドラマの「チュッケッタ!(死にそう)」「ミチョ!(気が変になりそう!)」とオーバーに泣き叫ぶ韓国女性と違い、すぐ「死んだり」「気が変になったり」しない北朝鮮の美女軍団に「理想の朝鮮女性」を追い求めたのかもしれない。額に汗を滲ませながら、一糸乱れぬ歌と踊りを披露する美女軍団の真摯な姿と太陽のような微笑み、、。健気であるだけにあまりにも切な過ぎる、すべての階層の北の女たちに迫った運命を追った。

 

 

,,,,,,,,,,,,,,,,,, contents ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

 

第Ⅰ部 麗しのピョンヤン物語 

   1 結界がはられた異質な世界

   2 性奴隷マーケットの値段 女たちの命を賭けた脱出

      3 国際列車で北京 モンゴル モスクワの旅

      4 うるわしの首都ピョンヤンが縮んでいる

      5 北朝鮮アセンディングの舞台裏 

    6 広西チワン族自治省からベトナムプノンペン

      7 サザエでわかった女性挺身隊の脱北阻止と外貨稼ぎ

 

第Ⅱ部 北アフリカから地中海を渡る

    太陽を背にして

 

第Ⅲ部 ナッシュ博士のゲーム理論

    時間経過とともに不利になる

        北朝鮮イスラム国に武器輸出

     

第Ⅳ部 悪魔の辞典

    成分がいい、悪い! 

    拡張される刑務所 壮大なるスケール

    暗殺映画「interview」の真相

 

 

 

  仮想敵国ゲームの真実

 世界の目は、地中海を越えてイタリアの南端、スペイン、そして、ギリシャに詰めかける中東・北アフリカの難民に向いている。特に北アフリカリビアから小型船で定員を100倍も上回る難民を積みこみ、地中海沿岸で船を沈め、逃げ帰る難民ブローカーの極めて残忍な脱出ビジネスに、世界は目を釘付けになった。だが、これと同じほど凄惨な事件は、アジアでずっと続いているのだ。中朝国境の吉林省の現場から。

 

 中国、ロシア、北朝鮮の入り組んだ国境を舞台に脱出劇は繰り返されいた。延辺朝鮮族自治州、3国の国境にあるこのちいさな州には約190万人の朝鮮族が暮らしている。

ここに北朝鮮からの難民が越境して逃れてきたのは1990年代の中ごろからだ。実は1996-1998年、北朝鮮は未曾有の大飢饉におちいり、国中の人が食べ物を求めて、国内の闇市場をさまよう事態におちいっていた。

「ひとがばたばたと死んでいった。市場に辿りついたら力尽き、そのまま死ぬひともいた。そして、何よりも配給だけを頼りに生きていたひとたちが、家のなかで全員餓死していた」。その数は200万人とも300万人とも言われる。その後の調査では推定350万人にのぼった。

北朝鮮の当時の事情を振り返り、今は韓国で生活している脱北者は、その怒りの矛先を金体制に向ける。

 

 

 

 

ここは中国、辺境の東北農村地帯。

北朝鮮から凍える河を越えて脱出する北朝鮮のひとたちが潜むのは、190万人の朝鮮族が住む「延辺朝鮮族自治州」。首都平壌(ぴょんやん)の人口は200万人とされるから、かなりの人数である。だが、彼らは中国籍でも朝鮮語が通じ、違いは”方言”程度なのだ。

この朝鮮族自治州に入るには、豆満河を渡ればそこは中華人民共和国だ。朝鮮族の小さな農家の集落がいくつも点在する。冬はマイナス30度(真夏は40°その差70°)にもなる山あいの農家。食べることにはこと欠かないが、中国の平均的な家庭に比べ、収入は低く、どの農家も後継ぎの長男に嫁になろうという中国人女性はいない。そのため、農家は20、30、40才の独身男と両親の3人で農業を営んでいるという状況だ。

そこに現われたのが、冬の凍れる川を越えて逃げてきた、北の女性である。このルートを使って脱北に成功するには、ある共通した戦術がある。

最初に若い女性を送り込む。そして、定着できたら家族の何人かを呼び寄せ、そこからさらに別の隠れ家へ移し、北京にある韓国領事館やUNHCR国連難民高等弁務官事務所)にかけ込む。

 

 

彼女たちの国境 飢餓性奴隷自由 原題 北朝鮮アセンディング (Japan Cyber Library)

彼女たちの国境 飢餓性奴隷自由 原題 北朝鮮アセンディング (Japan Cyber Library)