reuterjapannews’s diary

宇宙のなかに住む住人は、どうすればその形がわかるのだろう,という世紀の難問ポアンカレ予想から出発した壮大なドキュメンタリー。決して外から形を眺めることができないがそれに挑む天才数学者たちが繰り広げる死闘を執念で追います。また、記者自身にもそれに挑戦させるとんでもない企画。数学や理論物理学がこれほどまでに凄まじいものかと、、。その煌きと感動を身をもってお伝えします(><);ギリシャ問題、中国バブル崩壊、性奴隷マーケット問題などニュースの裏側を伝えます。短期勝負なのでいづれブログではなくなります。Web MO

北朝鮮が核ミサイル開発を放棄すれば金正恩委員長を米国に招いて首脳会談に応じる

f:id:reuterjapannews:20161205112650p:plain

f:id:reuterjapannews:20170304100939j:plain

トランプ大統領は中国に対して、北朝鮮が中国に対して「北朝鮮が核ミサイル開発を放棄すれば金正恩委員長を米国に招いて首脳会談に応じ、北朝鮮国内への軍事侵攻をしない方針を説明した。関係筋ではEU圏で前段階の話し合いがもたれる可能性を指摘している。

 

トランプ米大統領は27日、北朝鮮の核・ミサイル開発を巡ってこう着状態となれば、大きな紛争が起きる可能性があると述べ、外交的な解決を望む姿勢を示した。

29日に就任から100日を迎えるトランプ氏は、大統領執務室で「最終的に北朝鮮と大きな、大きな紛争が起きる可能性はある」と述べた。一方、平和的な解決を望む姿勢もうかがわせ、「外交的に解決したいが、非常に困難だ」とも語った。

また、北朝鮮の行動抑制に向けた取り組みへの中国の協力について、習近平国家主席を称賛。「精一杯力を尽くしてくれていると確信している。混乱や死は決して見たくないだろう」と述べた。

ただ「そうは言っても習氏が愛情を持っているのは中国であり、中国の国民だ。何かを実行したいと思ってもできないということも恐らくあり得る」との見方も示した。

トランプ政権は26日、北朝鮮について「国家の安全保障にとって差し迫った脅威であり、外交政策の最優先事項」との認識を示した。