読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

reuterjapannews’s diary

宇宙のなかに住む住人は、どうすればその形がわかるのだろう,という世紀の難問ポアンカレ予想から出発した壮大なドキュメンタリー。決して外から形を眺めることができないがそれに挑む天才数学者たちが繰り広げる死闘を執念で追います。また、記者自身にもそれに挑戦させるとんでもない企画。数学や理論物理学がこれほどまでに凄まじいものかと、、。その煌きと感動を身をもってお伝えします(><);ギリシャ問題、中国バブル崩壊、性奴隷マーケット問題などニュースの裏側を伝えます。短期勝負なのでいづれブログではなくなります。Web MO

FIFA 帝国の崩壊 女神は悦楽を裁く


FIFA汚職 2010 サッカーワールドカップは南アではなくモロッコだった。 - YouTube

f:id:reuterjapannews:20150619235349p:plain

 アルプスの景色を望むチューリッヒ湖にたたずむ5つ星ホテル ボー オー ラック(Baur au Lac)は、早朝にもかかわらず、報道陣が詰めかけていた。
 FIFA国際サッカー連盟)の年次総会に出席していた幹部9人を、スイスの捜査当局(私服12名)が予告なしに逮捕したのだ。彼らはフロントでキーを取得すると2 階の部屋に駆け上がった。逮捕は平和的に行われた。FIFA副会長ジェフリー・ウェッブらの姿があった。コスタ・リカ、エドゥアルド・リーは、彼の部屋からホテルの側面ドア出口当局によって導かれた。彼は FIFA のロゴと飾られた彼の荷物を持参させた。5月27日、現地時間で朝6時のことだ。(逮捕されたメンバーに年齢、国籍、巻末解説)

 司法省、捜査と FIFA は、即時のコメントはでなかった。あつまったメディアは、これがどう発展するのか、知らされていないばかりか、会長選挙の行方を追うものと思い、フィルムを回していた。
 しかし、ただひとり、ニューヨーク・タイムスの記者だけは真相をつかんでいた。警察が逮捕する一部始終をかたずをのんで見守っていた。ホテルに張り込んでいた米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)によると、27日午前6時(日本時間同午後1時)ごろ、清掃スタッフが床を磨いている横で、十数人の捜査員が正面の回転ドアから入館した。7人の逮捕は2時間もかからず、「非常に平和的に」執行されたという。だが、証拠隠滅をはかる恐れのある2人については手錠がかけられいたのた。

 逮捕・起訴された一人、エドゥアルド・リー被告(コスタリカサッカー連盟会長)はホテルスタッフが広げた白いベッドシーツで姿を隠されながら車に乗せられた。

エピソード1 消えた2010モロッコワールド杯。 エピソード2 ワーナー副会長のハットトリック
エピソード3 新王朝のリーダーは?  エピソード4 女性新司法長官はなぜこの時期に
エピソード5 2018 ロシア大会の行方とプーチンの怒り
エピソード6 2022 カタール大会は消える エピソード7 マネーロンダリングの現場

 

FIFA  帝国の崩壊  女神は悦楽を裁く: 2018 ロシア大会 カタール大会の行方

FIFA  帝国の崩壊  女神は悦楽を裁く: 2018 ロシア大会 カタール大会の行方