読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

reuterjapannews’s diary

宇宙のなかに住む住人は、どうすればその形がわかるのだろう,という世紀の難問ポアンカレ予想から出発した壮大なドキュメンタリー。決して外から形を眺めることができないがそれに挑む天才数学者たちが繰り広げる死闘を執念で追います。また、記者自身にもそれに挑戦させるとんでもない企画。数学や理論物理学がこれほどまでに凄まじいものかと、、。その煌きと感動を身をもってお伝えします(><);ギリシャ問題、中国バブル崩壊、性奴隷マーケット問題などニュースの裏側を伝えます。短期勝負なのでいづれブログではなくなります。Web MO

天才数学者ペレリマンが挑む 宇宙の形 第一幕


天才数学者ペレリマンが挑む 宇宙の形 - YouTube

f:id:reuterjapannews:20150619233927j:plain

Japan Cyber Library
本の正式名称は「天才数学者ポアンカレ、サーストン、ペレリマンが挑む 宇宙の形」です。数学のノーベル賞といわれるフィールズ賞に、100年間、解けなかった難問「ポアンカレ予想」を完全に証明したロシアの数学者、グレゴリー・ペレリマン(発表当時40才)が選ばれた。スペインのマドリードで開かれた国際数学者会議で、国際数学連合が発表した。しかし、ペレリマンは受賞を辞退。その後、世界から忽然と消えてしまった。
彼は2014年、スウェーデンにいるという話が知人からもたらされた。彼には姉がいて、彼女は生物学(統計)の学者で、その姉が勤務する研究所に招かれたのではないかという。この話はスェーデンのタブロイド紙に報じられており、ナノテクノロジー分野の研究を行っている。
調べてみると、彼をスウェーデンの企業に紹介したというイスラエルのテレビプロデューサーを名乗る人物が現れた。
「確かに私が彼を紹介した。どうしてかって? 彼が好きだからさ」。
この話は、どこか怪しいところがある。以前にもイスラエルの映画プロデューサーを名乗る人物がペレリマンのドキュメンタリー映画を製作するといって、資金を募ろうとしたが、実現しなかった。
確かなことは、ペレリマンは2013年ごろからスウェーデンとロシアを行ったり来たりしており、スウェーデンで働くために10年間のピザを申請。申請理由は科学的研究のためという記入があった。この本をBased Novel としたフィルムがYoutubeにあります。http://youtu.be/vmUBEeJAcQM

Ⅰ、この本のために、宇宙の形状を理解するためのスペースシップ操船シミュレーターのソフト2つが開発されました。その操船映像を下記urlから観ることができます。
http://www.dailymotion.com/video/x2ry33y_spaceship-knowing-the-form-of-the-universe-steerage-simulator_tech
Ⅱ、宇宙というわからない形のなかに住む住人はどうすれば、その形を知ることができるか、と問いかけた壮大な問題に挑んだ天才たちの"知への冒険の旅”へ誘います。極地探検をしのぐ壮絶なドラマ展開に息を呑み、心が震えます。

 

天才数学者ペレリマンが挑む 宇宙の形 第1幕: 宇宙の真実の姿とは? (oriental novels)

天才数学者ペレリマンが挑む 宇宙の形 第1幕: 宇宙の真実の姿とは? (oriental novels)

 

 



 

登録情報